ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーを利用するにあたって、サーバーのレンタル料金や水の代金のほかに、サーバー内の水を、冷水、温水に変換する為に電気を使用する事になり、電気代が必要となります。

 

基本的に24時間電気を使用することとなり、1日中電源が入った状態で稼働し続けることとなります。

 

これにより、継続的にウォーターサーバーを使用する為に維持費として、使い続ける間は電気代がかかってしまいます。

 

電気代は、使用するサーバーの稼働にかかる電気の使用量によって変化します。サーバーの能力やサイズのほかに、使用頻度や季節によっても異なります。

 

一般家庭での比較の対象として、24時間稼働していつでも熱湯が使える機能を持つ、電気ポットが挙げられます。

 

こちらも機能やサイズによって電気の使用量が異なるので、一概には言えませんが、1日中電源が入った状態で使用し、熱湯が利用できる、といった条件では同じですが、ウォーターサーバーは熱湯のほかに、冷水も使用できます。

 

この様に考えると、熱湯しか使用できない電気ポットよりも、熱湯と冷水が使えるウォーターサーバーの方がお得と言えるでしょう。

 

しかし、ご自身のライフスタイルによっては、市販のミネラルウォーターより安いから、という理由で設置しても、電気代を含む維持費をトータルで考えると、損をしてしまう可能性もあります。

 

ウォーターサーバーを利用する際には、レンタル料金や水の代金だけでなく、電気代も維持費として必要な事も考慮しておきましょう。

ウォーターサーバーの電気代関連ページ

ウォーターサーバーとは
ウォーターサーバーとはどのようなものなのか簡単に説明します。
活用方法
ウォーターサーバーの活用方法を説明します。
設置費用
ウォーターサーバーの設置費用を説明します。
メンテナンス
ウォーターサーバーのメンテナンスを説明します。