ウォーターサーバーに天然水を使用

ウォーターサーバーには天然水を使用できるものがあります。

 

天然水とは、ミネラルウォーター、ナチュラルウォーターとも言われており、ミネラル(無機物)を多く含んだ地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌などの簡単な処理をした水の事です。

 

天然水は、ミネラルを多く含んでいることにより、水道水などの手の加えられた水と比較して、水の風味や口当たりが良く、採取した場所により、その風味や口当たりが変化することが大きな特徴です。

 

日本では、山梨県、静岡県、鳥取県の順番で生産量が多く、この他にも日本各地で採取されています。これら国内の土地で採取される天然水の多くは軟水で、海外、特に欧州で採取される天然水は硬水が多く、軟水か硬水かで好みが大きく分かれ、天然水を選択する大きなポイントとなります。

 

また、天然水には原料となる水の採取地によって、炭酸を含んでいるものがあり、ミネラルウォーターと言えば炭酸水を指す言葉として使われる場合もありますが、ウォーターサーバーで取り扱うネラルウォーターに関しては、サーバーを介し温水も供給することから炭酸水ではないミネラルウォーターを使用するのが一般的です。

 

そして、注意しなければならないこととして、ミネラルウォーターにはミネラル成分の品質規定が定められている訳ではなく、一概に、ミネラルの取得により健康の促進や栄養補給の効果が得られるわけではないという事です。

 

かといって、ミネラルウォーターが自然を生かしたものであり、有害な不純物を含まない、安全で健康に良い飲料水であることには間違いではなく、正しく理解し、飲料水として上手に使う事で天然水の良さを十分感じる事が出来るでしょう。

ウォーターサーバーに天然水を使用関連ページ

選び方
ウォーターサーバーの選び方を説明します。
レンタル
ウォーターサーバーのレンタルを説明します。
買い取り
ウォーターサーバーの買い取りを説明します。
RO膜水を使用
ウォーターサーバーにRO膜水を使用する場合について説明します。